忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255
 

ミルしたコーヒーの「アロマ」を機能建材で比較検証した。
 OHラジカルによる消臭機能建材と我社のヘルスコ・ボード
(高機能木炭塗料塗布セラミックボード)を使って
実験装置を作成しました。

 

左側がヘルスコⓇ・ボード、右側が消臭建材です。
金属製容器に粉末コーヒーいれて保存します。
コーヒーの「アロマ」の消臭実験をします。
10分後に、上部の蓋を開いて鼻を近づけ、
香りを嗅ぎます(官能試験)。
消臭建材では、コーヒーのアロマがしませんが、
ヘルスコ・ボードでは、コーヒーのアロマが
強く感じます。

ヘルスコ・ボードは、アンモニアやホルムアルデヒド、
塗料臭などを消臭しますが、自然の香りは消しません。

消臭建材の機能性はOHラジカル、すなわち活性酸素による
酸化によって自然の香りまでも消してしまうのです。
この消臭建材は、食品関係では使用不可です。

木炭炭素の還元力をもつヘルスコ・ボードなら、
食品関係でも使用出来ます。
空気に触れると酸化してしまうコーヒー豆の
保存に苦労しているようです。
百年炭蔵なら、酸化抑制空間を提供できます。
さらに、
「百年炭蔵プロジェクト」の主旨は、還元空気質の
空間内における熟成作用です。
『炭素』の未知なる力、って凄いんですね。
 これは、コーヒー業界の常識を覆す、コーヒー革命です。

 
 
 
 
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新コメント
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]