忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ICAS農園をアップします。
ここ数カ月、土・日が様々な行事と
革新事業の現場施工で
つまっていましたが
しばらく振りに休みがとれたので、
日曜菜園に没頭できました。
ジャガイモを収穫した場所に
親類から戴いた
サツマイモのツルを植えました。
ほとんどは、雑草とりでしたが。。。







 



 





  

PR
あすは関東で初雪かも・・・・
秋から冬に駆け足で過ぎてゆく季節
ICAS畑も日曜日に枯れ草をとり、
秋咲きの草花を選定し、スッキリ
しました。
収穫後の場所を耕し、
大根、菜の花、エンドウ豆の種を
蒔きました。

今日は、昼休みに長芋の収穫をしました。
  






夏の盛りを過ぎ、台風にも倒れずに、
青々していた葉も急に紅葉になり
収穫時期を迎えました。
あまり期待をしていなかったのだが
掘り始めるや太い根が見えてきました。
突ん棒を使って掘り進めたら
見事な長芋が・・・・。

 
30センチを超える長芋もゲット。
今日の夕ご飯は、とろろ汁に決まり!

「天・地・人」のタイトルとは?
良く聞かれます。
不二高㈱が十数年の歳月をかけて取り組んできたもの
の本質は「電子」の機能と応用です。
ICAS&AIR:MEDIC(SUMICAS)の
説明では「空気」、「水」、「大地」とそれらを繫ぐ
「電子」のメカニズムについて表現してきました。
自然界の存在する物質は総て電気によって固有の
存在がなされるのであり、その環境の中では、動物であれ
植物であれ電気的作用を必ず受けているのあり、
「人」もまたそこから逃れることは出来ません。
埋炭での農業への応用は各地で進められていますが
故吉松氏はICAS農法を既に発明して、
実験が進んでいますが、弊社のICAS農園が
まさしく電子農業です。



一坪ICAS農園では、里芋、コンニャク、長芋が
茂っています。
天・地・人の「地」の実験地です。

多くの電子応用機器が発明されていますが、
微粉末木炭塗料を塗布して面電極を作り、
直流負電圧によって電子を励起させ、
負電荷帯電微粒子が優位な空気質を
創りだす、エア・メディック+セレブ・4D
スタイルでは、生命に影響を及ぼす「人」において
NK細胞の活性増強を産学共同研究で実証しました。
不二高だは、この空間の機能性を用いて
食材と食品の製造又は加工方法を発明し、
日本国特許を取得出来ました。

この研究もすべては「電子」にかかわる
ことなのです。
丸子電子㈱、MDA特性綜合研究所さんの
ホームページに掲載されている
「電子のはなし」だ簡潔に説明されています。

故吉松氏の功績である、炭素と電子の
文献や研究論文では、応用実例として
再認識すべきであると思います。

ブロッコリーのわき芽が花が咲き、お花畑になりました。
ここは、本社の一坪ICAS農園です。






そこは、又昆虫たちの生息の場所。
今年はミツバチも多く観られます。
アゲハ蝶も蜜をすっています。
この蝶は、ジャコウアゲハ?それともアゲハモドキなのか。







 


最新コメント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]