忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バナナ(フィリピン産)の保存実験

実験場所:不二高㈱・百年炭蔵技術研究室
実験装置:アクリル製ケース及びタッパー



4月30日 晴 AM8:20
      室内温度20.5度 湿度54%


左から百年炭蔵、中央消臭建材(AGイオン)、対象区タッパー

百年炭蔵 温度20℃ 湿度50%  検体重量112g
消臭建材 温度20℃ 湿度50%      106g
タッパー 温度20℃ 湿度50%      108g

PR
百年炭蔵の機能性確認のために、
リンゴの保存実験をしました。
「負電位空間の抗酸化機能確認実験
  ーリンゴの保存比較からー」



 【実験装置】

   負電位空間(百年炭蔵)、AGイオン(消臭建材)
   対象区(市販タッパー)での外観観察と検体重量を
   測定して、抗酸化能力の比較確認する。
   負電位空間とAGイオン空間は、仕切りと蓋の付いた
   アクリルケースを製作し、一方には庫内の三方の壁に
   ヘルスコボード(木炭塗料の電極)を貼り、他の一方
   には、消臭建材は同様に貼った。対象区には市販の
   タッパーを用いてガラス板を蓋にした。
 
 【実験方法】

           それぞれの庫内に、温度・湿度計と紙製トレーを設置し、
   1/4分割のリンゴを置いて、蓋は通気できる隙間を 
   開けておいた。


  【実験報告】

  初日 :4月21日(曇/雨)PM12:30 (検体を置き30分後)

         室内 : 温度25.5℃ 湿度59%
       百年炭蔵 : 温度25.0℃ 湿度63% 検体重量86g
       消臭建材 : 温度25.0℃ 湿度60% 検体重量83g
       タッパー : 温度25.0℃ 湿度53% 検体重量87g



 
 
    3日後 : 4月24日 (晴) AM8:15

         室内 : 温度23℃  湿度44% 
       百年炭蔵 : 温度20℃  湿度76%  検体重量73g
       消臭建材 : 温度20℃  湿度72%  検体重量70g
       タッパー : 温度23℃  湿度66%  検体重量70g 

         


  



 4日後 : 4月25日(曇) PM6:10

         室内 : 温度23.0℃  湿度52.5%
       百年炭蔵 : 温度22.0℃  湿度70%  検体重量68g
       消臭建材 : 温度24.0℃  湿度71%  検体重量64g
       タッパー : 温度23.0℃  湿度55%  検体重量62g




 

 


 6日後 : 4月27日(晴) AM8:10

          室内 : 温度23.5℃  湿度48%
        百年炭蔵 : 温度22.0℃  湿度69%  検体重量60g
        消臭建材 : 温度23.0℃  湿度68%  検体重量57g
        タッパー : 温度24.0℃  湿度56%  検体重量54g
  4月21日(火)青島蜜柑保存13日目です。
        (交換蜜柑は、8日目)

  
 

 百年炭蔵 13日目
 蜜柑重量(皮付)54g 94.74%
 果実のみ(皮無)40g 



百年炭蔵 果房を離した状態。


  
  
 
消臭建材 13日目
蜜柑重量(皮付)53g 91.38%
果実のみ(皮無)37g



消臭建材 果房を離した状態

 




タッパー 
蜜柑重量 58g 90.63%
果実重量 42g



タッパー 果実を離した状態


今日は、青島蜜柑の保存実験その3です。
百年炭蔵及び消臭建材は12日目になりました。
タッパーは蜜柑を取換えて7日目です。
4月20日(月)PM7:30分 豪雨です・

① 実験室の室内温度20.5℃、湿度76%

  百年炭蔵庫内温度19.5℃ 湿度60%
  消臭建材庫内温度20.5℃ 湿度58%
  タッパー庫内温度20.5℃ 湿度70%


② 蜜柑の外観と重量



 百年炭蔵    初日重量58g        減量率5.17% 外観良好
       12日後重量55g




 消臭建材    初日重量58g        減量率8.62% 外観傷と外皮が柔らかい
       12日後重量53g               部分が発生




タッパー    初日重量62g  交換後の蜜柑  減量率6.45% 圧迫部分は潰れた
       7日後重量58g                 状態で全体に皺が
                                発生。
                                商品価値は無し。


ここまでの実験では、百年炭蔵の蜜柑の水分保持と
外観上の痛みが無く、新鮮さの維持力が一番高い
ことが解った。

百年炭蔵の蜜柑保存に対する機能性試験に於いては、
検体数を10個以上として行うことにしたい。
百年炭蔵プロジェクトの展開の中で、JAさん、
蜜柑栽培農家さんとの連携試験が出来ればいいな。


青島蜜柑の保存実験・・・保存期間8日目です。







百年炭蔵8日目・・・外観状態に傷みはありません。






消臭建材8日目・・・黒いしみ状の痛みがでている。
         外観は全体に張りがなくなってきている。





タッパー保存3日目・・・交換後の蜜柑です。
           傷み発生しました。
           外皮の押された跡が柔らかく、
           組織が潰れた状態になっています。
最新コメント
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]