忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[187]  [186]  [87]  [70]  [66]  [59] 
        沼津市のお寺、光長寺に建設中の

        宮沢賢治の資料館「賢治」文庫には、

        イオンコントロールアダプター(ICAS)が

          セットされます。静電位空間を生み出す

         ICAS工法は、4000点もの資料を

           湿気や酸化による劣化から守れる

          唯一の工法です。

3318eb08.jpeg












         参道から見た「賢治」文庫、完成すると
          漆喰壁の美しい建物になります。

     
     南之坊のご住職浦辺さんは、一時は40年以上かけて

     収集した4000点にも及ぶ資料を各地に既存している

     資料館に寄贈することも考えたようです。

     宮沢賢治の弟の清六さん(現在故人)にお会いした

     浦辺住職は清六さんから、富士の麓のお寺に「賢治」文庫を

     開設される事を望まれ、建設を決意したようです。

     清六さんは、700年以上も歴史ある光長寺なら

     貴重な資料を末代までも残し続けてくることを考えたのでしょうね。

   9a5c0dab.jpeg  









 


          工事は仕上げ作業に入り始めて、外壁の腰ぶぶんは

          ヘルスコキュアーを塗布した下地合板に、

          うずくり仕上げの杉板を舞良に仕上げてあります。

c75fc4a7.jpeg








        1階の内装はプラスターボードを貼り始めた状態です。

        六寸柱3本で2階の床梁を支えているのが圧巻です。

        プラスターボードにはこれからヘルスコートが塗布され

        地中に埋設されたICASと接続されます。





PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新コメント
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]