忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ICAS畑のサヤエンドウは収穫が終わりました。
ご近所さんにもお裾分け出来る位に
毎日毎日大収穫でした。

 

伐採後の畑には、発酵腐葉土を混ぜて土を改良して
小玉すいかを植えました。
レジ袋を利用して風除けを作ってみました。
小玉すいかははじめてのチャレンジです。
ICAS畑は農薬を使用しませんので、
いろいろな虫達が発生します。
エンドウの網を利用して棚仕立てで
栽培してみようと思います。



 
ゴーヤの苗を3本買ってきました。
今年初めて「デリシャス・ゴーヤ」なるものを見つけました。
1本をこれにしました。 
昨年はゴーヤの植える時期が遅すぎて上手に育たなかったので
今年はどうなるだろうか。。。。。

PR

「百年炭蔵プロジェクト」を知って戴きたいのは

ジビエ肉の料理人です。

先日、TVでジビエの鹿肉の熟成にチャレンジした
シェフのドキュメントが放映されました。
劣化の早いジビエ鹿肉の6日間の熟成に初めて
チャレンジする有名シェフの苦闘のシーンが
続いていましたが、何とか熟成に成功した
シェフの洩らした「2度とやらない!」といった
言葉が私には印象的に聞こえました。

「百年炭蔵プロジェクトがあるでしょ!」

 

 

百年炭蔵プロジェクトは、炭X電子の世界初の
特許技術で、抗酸化作用、微生物制御作用、
非ドリップ作用、熟成作用を及ぼす空間で
食品・食材を加工又は製造し、地方を元気に
しょうとするプロジェクトです。

沼津市の干物メーカーで採用されて、水工連携事業の
成功例になっていますが、声を大にして云いたい。
干物だけじゃないですよ。。。。

今年の長過ぎる連休の過ごし方は。。。。
ICAS畑の草取りと手入れが一番。
親戚から譲っていただいた苗を植えました。

ICAS畑の全景です。


ここは、左から九条ネギ、玉ねぎ、今年発芽の九条ネギ
アスパラガス です。


手前はきゅうり、奥の左からナス、サツマ芋、
トマトと収穫時のサヤエンドウです。


風よけカバーの中はオクラです。


奥のぶどう棚の手前は玉ねぎです。


不二高のICAS農園も10年たちました。
今年も長芋のツル棚の準備を始めました。







今日は休日明けの月曜日です。
2日間でサヤエンドウが随分大きくなり、
一握りほどですが、収穫しました。



最新コメント
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]