忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青島蜜柑の保存実験・・・保存期間8日目です。







百年炭蔵8日目・・・外観状態に傷みはありません。






消臭建材8日目・・・黒いしみ状の痛みがでている。
         外観は全体に張りがなくなってきている。





タッパー保存3日目・・・交換後の蜜柑です。
           傷み発生しました。
           外皮の押された跡が柔らかく、
           組織が潰れた状態になっています。
PR
青島蜜柑の保存実験の報告です。
とうとう、消臭建材にも傷みが発生しました。



 

青島蜜柑の保存実験3日目

 
タッパーの検体に11日夜に傷み部分を確認。
今日、検体を取り出し傷みを確認しました。



 
傷んだ箇所の皮を剥いた状態です。
青カビが発生。

ここで、室内に放置してあった別の青島蜜柑と
入れ替えることにしました。

百年炭蔵の検体、消臭建材の検体共に
外観上の痛みはありません。


傷みの無い物を確認して、タッパーの中へ
設置しました。



 

試験は続行します。

のりブログにアップした「蜜柑の保存実験」の
レポートへの訪問が多いので、ICAS関係の
こちらにもアップしました。
スーパーで市販されている「青島蜜柑」を
社内で、保存実験を3条件で実施してみました。

 

① 蓋付のアクリルケース2つに仕切り、片側内部の壁3面に
  ヘルスコボード(木炭塗料塗布セラミックボード)を貼った
  もの。
② アクリルケースの片側に、消臭パネルを貼ったもの。
③ 市販タッパーにガラス蓋を置いたもの。

①のヘルスコボードには、AIR・MEDIC(負電位開発装置)
 を接続し、-100Vの電圧をかけて、百年炭蔵の状態を再現
 してみました。


 

検体の「青島蜜柑」を重量を測定したのち、それぞれのケース内
に置き、温度・湿度計を設置しました。
研究室内とそれぞれのケース内の温度・湿度の変化及び
検体の重量変化を測定し、その差異から、設定条件の影響を
検証することにしました。
経過報告を続けますのでご期待下さい。


食品業界は、原料髙、包装資材髙で軒並み値上げの春ですね。
現状の商品の値上げだけでは、何とも面白くないですね。

それなら、値上げ分だけ、美味しく、品質向上させれば
いいじゃないですか。それもコスト、ゼロで。

空気デザインプロセス(百年炭蔵ADP製法)なら
初期投資のみで、ランニングコストはゼロで出来ます。
それが「百年炭蔵プロジェクト」です。

百年炭蔵プロジェクトは、静岡県より経営革新計画承認されて
います。
最新コメント
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]