忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[1]  [2
木造建築の増築工事にPQコート・№4カフェを採用しました。







PR
昨日から自宅のリフォームに入りました。
和室の畳床をフローリングに張替、押入を撤去して
ウォークインクローゼットにリフォームします。
押入、フローリングを撤去し、2階スラブに
ヘルスコートを塗布しました。




今回はリフォームのため、ヘルスコートW(水性)を使用しました。
朝来たら塗布されていたので、大工さんがビックリ!
和室は、寝室になりますのでSUMICAS(エア・メディック)を設備
しますよ。真壁の工事の配線を、アイデアを絞っています。。。。
「いつ、見てもヘルスコートの黒はいいものですね・・・」
15年間もこの事業を続けていると、この墨黒を見ただけで
元気になってしまいますね。


今日は午後から雨天の予報。
上棟を控えて土台の設置工程日と
ヘルスコキュアーの塗装工程が
午前中に集中して、さあ弱った事に。。。。
とりあえず土台下場への塗布をすることに決定。
スラブや基礎は、天気次第として、最悪は上棟後
にしようということになりました。
基礎パッキンによる通気基礎ですから
風窓がありません。
建物の周囲が隣家で囲まれていて
風の通りが悪くなりそうですので
温度差による結露の発生を
スラブと基礎立上りへの全面塗布によって、
解決する考え方です。




 


今日は昨日の続きです。
バラした舞良戸の板の裏面を
木炭塗料で塗装しました。


舞良戸を組み立てた、裏面です。







 
今日は、特注造作家具の下駄箱が完成、最終仕上げの塗装作業をしました。
お客様のご希望は、和風でW=1350XH=1000XD450です。
キャビネット内部には、ヘルスコ・ボード(木炭塗料塗装済合板)を使用、
消臭、調湿機能を加えました。
特注家具には市販品には無い、一工夫を加えることで差別化できます。



扉は米松無垢材の舞良戸です。
細かい格子の部分は、一度バラして塗装します。
舞良板の裏にも木炭塗料を塗布します。
 

最新コメント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]