忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232
静岡市呉服町の飲食店街に、
NIKU BAR イルターボロがOPEN!
富士市に本社を置く京昌園さんが、熟成肉をメインメニューにした
本格イタリアンの店舗をオ―ペンさせました。






内外装ともに、富士市のデザイン会社、MEMORABLEさんが
デザインした、斬新でユニークな店舗になっていますが
一歩足を踏み入れた感じは都会の高級店に入った感じです。
1階道路に面した壁面をガラス張りにしてありますので、
オープンな感じですから家族でも入れる親近感も感じます。
2階も同じように道路側をガラス張りにしていますので、
繁華街の賑わいが見下ろせてグループや家族で利用できる
空間になっています。
さて、肝心の熟成肉の話です。
18日にプレオ―プンに招待されて、
ランプ、肩ロース、リブロースの盛合せを賞味できました。
19日にコンテストが行われた、ミスユニバースの美女達と
一緒だったためか、より一層美味しかったのは
云うまでもありません。
試食会で、「感動してしまった」と、大絶賛されたのも
頷けました。
   

 
この炭蔵熟成肉は、本社のセントラルキッチンに導入された
百年炭蔵P-eSPACEに寝かせて「素材」「時間」
「空間」の恩恵をうけて完成されました。
百年炭蔵ADP熟成法が肉に劇的な変化を生みだした結果です。

和牛の熟成はなかなか難しいといわれています。
それは、熟成の時間に脂肪の酸化が進んでしまうからなのですが
抗酸化環境ですから脂肪酸の酸化が進まず、不飽和脂肪酸比率が
高い特徴があります。一緒に招待された方々からも、「食感が柔らかい」
「冷めても柔らかさが違う」「脂肪の感触がさわやかで融けてくる」
などの大絶賛の声が聞かれました。

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新コメント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]