忍者ブログ
百年炭蔵・セレブリース・4D&ICAS畑
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231
間違いだらけの熟成ブームに一石を投じる「百年炭蔵ADP製法」。
抗酸化空間でも熟成するのは、どうして!
のりブログでアップしてありますが、
この画像みて、どう感じましたか?


ノーマル冷蔵庫10日間保存の牛肉

 
百年炭蔵P-eSPACE10日間保存

このサンプルの色の違いは、通常冷蔵庫での酸化作用
と百年炭蔵の酸化抑制作用との違いを物語っています。
試食の官能試験の結果が全ての被験者が百年炭蔵保存の
牛肉に「旨さ」を感じた結果が報告されました。
(エビデンスについての報告は試験報告書が届いた時考察します。)
つまり、酸化による熟成は総てでは無く、沢山ある熟成要素の
一つであることが分りました。
百年炭蔵ADP熟成法の作用には、抗酸化作用、遠赤外線作用、
炭素電子の蓄電・放射作用、微生物制御作用等があり、これらの
生体細胞部分での相乗作用による熟成効果を論じる必要がが
あると考えます。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新コメント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]